「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

なんかしなきゃ! 陶器 中島知之blog   

tomon75.exblog.jp

写真の重要性 後編

先日の続き

c0221584_1421080.jpg
三年前に購入した
愛機「LUMIX DMC-GF1」を持ち歩き
パチリパチリと
自分の作品や
自分の周りのスナップなどを撮り歩いております。
c0221584_1365621.jpg
c0221584_1133410.jpg
(LUMIX DMC-GF1にて)

最近は
アイフォンで撮る事も多いですが
c0221584_1134629.jpg
(iPhone 4Sにて)

気になることがあれば
とりあえず撮影

というのが
当たり前の事になりつつあります。

そんな中で
自分の作品を撮影をしてブログなどネットに載せ
個展の際にはDM用の写真など
c0221584_2205126.jpg

仕事としても
カメラは大活躍です。




先日の事ですが
c0221584_112526.jpg

いつものように
「テンストーン」の橋本さんと
陶芸から最新家電まで
取り留めのない話などをしていたときに

カメラの話になりました。
c0221584_1265173.jpg

もともと
カメラを買う切っ掛けは
橋本さんの影響ではあるのですが

今回もガッツり影響されました。

やっぱりレンズ!!

特に
風景や日常のスナップではなく

仕事として
自分の作品を撮影する事が
もっとも重要だと考えている
自分にとって必要な事は

自分の作品を
正確に表現してくれて

なおかつ
使いやすいレンズを持つ事!

今の愛機
「LUMIX DMC-GF1」のレンズ
「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020」
短焦点の明るいレンズ
透明感があって
ボケ味も最高!

一眼レフではありませんが
これまでのコンパクトカメラが
馬鹿らしくなってしまうほどの写り具合です。


これに変えてから
自分の作品の写真の可能性も大きく変わったと思います。
実際にDMの仕上がりも違いますし
自分の写真に在る程度満足できるようになりました。

なおかつカッコカワイイくて
毎日いっしょにお出かけです。


しかし
チョコッと大変な事もあります。

自慢の愛機のこのレンズ
20㎜(35ミリ換算で40㎜相当)で
まあまあ歪みのない感じで
比較的思ったとおり撮れますが
ちょっぴり広角

この「ちょっぴり」がストレスの原因でした。

広角という事はいっぱい広くとれてしまう!!
スナップなどで
みんなで色んなものを撮るためには
メチャクチャすばらしいレンズなのですが


自分の作品の物撮りで
自分のうつわは良く取れていても
その後ろに写ってはいけないものが!
c0221584_2285836.jpg

c0221584_264163.jpg

もちろんトリミングもしますが
何とか色んな角度で撮りまくって
一枚のDMの撮影でも
毎回メチャクチャ時間がかかったりします。

メチャクチャでっかい
撮影ブースでもあれば良いのでしょうが
なかなかそうもいきません。

そうなると
あれもできない
これもできないと
ストレスがたまる事が
最近特に多く感じておりました。


そんなときには
「物撮りなら望遠でしょ」と橋本さんが

おおう!目からうろこです。

確かにこれまでも
人の目の見え方と近い「50㎜」のレンズ
それもF値2.0以下の明るいレンズ
これが基準ではありましたが

「望遠」とは考えておりませんでした。

確かに望遠レンズであれば
とりたいモノだけが撮れて
背景があまり広く写らない!!

おおう!すばらしい!

普通に使うなら写る範囲が狭すぎて

「記念写真撮るのに
ドンだけ離れなきゃならんのか!」

と敬遠されがちですが

物撮り万歳!な自分にとって
こんなにぴったりのものは
ないんではナイかと!


という事で
ほしい!レンズほしい!
チョコッと望遠で
少し明るめなレンズがほしいです!!

具体的に
「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」
(35mm判換算90mm相当)(25.000~35,000円)
がほしい!
c0221584_1424770.jpg
(そのレンズ(橋本さん所有)を装着した愛機GF1)



「LEICA D SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH」
も少し良いけど‥‥‥

でもやっぱ!
「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」
だれか!だれかちょうだい!!





‥‥‥やっぱ買うか?
買っちまうか?


仕事だし良いよね?



しばらく
物欲にまみれた楽しい生活になりそうです。




あと
カメラに詳しい方
アドバイスお待ちしております。




〇「ビアマグランカイ9入賞・入選作品展」

期間:2012年6月16日(土)~ 9月9 日(日)
会場:札幌芸術の森 工芸館展示ホール
       9:45~17:30 (9月は17:00まで)





ただいま募集中
NHK文化センター札幌教室の陶芸教室です。


〇毎週開講の陶芸講座
楽しい陶芸
 内容 手びねり・板作りといった基本的な技法を学んで
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。 
・金曜日コース 13:00~16:00(全12回予)  
・土曜日コース 10:00~13:00(全12回予)
 受講料 20,160円程度
(三ヶ月12回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。

途中からの受講も大歓迎!
思い立ったらすぐご参加ください!

NHK文化センター 札幌教室
札幌市中央区大通西4丁目道銀ビル12階 (地下鉄大通駅直結)
        ℡011-222-5011
〈受付時間〉 月~金曜 10:00 ~ 19:30
       土曜   10:00 ~ 17:00
お申し込みは「NHK文化センター 札幌教室」のHP、またはお電話にて受付しております。
よろしくお願いします。



tomonakazimaをフォローしましょう いろいろつぶやき中

人気ブログランキング‥‥さんか中
にほんブログむら‥‥コチラも
陶人社サイコー
[PR]
by tomon75 | 2012-08-06 11:01 | 仕事 | Comments(2)
Commented by yama at 2012-08-07 10:08 x
はじめまして。tomon75さんのいつもきれいな写真の記事を読ませていただいております。
パナソニックのGF1、素晴らしい機種で撮影されていますね。やはり撮影を続けていますと、どんどんと機材の拡張をしたくなるものですね。
そして今回選択したM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8は物撮りにベストチョイスだと思います。開放近くで遠景や前景をぼかした撮影や被写体に寄って近接撮影することにも向いています。
是非、頑張ってより良い物撮り楽しんでください。
Commented by tomon75 at 2012-08-07 12:34
yamaさん
コメントありがとうございます。少しずつですが、できる事、できない事、やりたい事がわかってきてカメラの奥深さをより感じてきたような気がします。まだまだこれから勉強あるのみですが、あまりレンズの泥沼にハマらないように楽しめればいいなあ、と考えております。
またなにかアドバイスなどありましたらよろしくお願いします。
<< 人のあたたかさと弱さ 写真の重要性 前編 >>