ブログトップ

なんかしなきゃ! 陶器 中島知之blog   

tomon75.exblog.jp

金継の作業 

最近

暑いんだか寒いんだか
真中はないんかい!

てな
今日この頃どうお過ごしでしょうか?

最近
ミニ金継教室in陶芸教室
をチョコチョコ開催しております。

代用うるし(新うるし)と水中ボンド(エポキシボンド)をつかった
なんちゃって金継ですが。
c0221584_2422718.jpg



陶芸教室の生徒さんに
欠けた器の修繕方法を
お教えしております。

まあ陶器が
欠けるのはしょうがないですが
その人にとって
とても大事な器だとすれば
そんな事言ってられません。


ちゅうことで

焼きなおして
くっつける事もありますが

やっぱり
陶器の修繕と言えば「金継」です。
c0221584_2103056.jpg

以前
このブログでも
金継教室に通い
チョコッと勉強したことを
ご紹介しましたが
結構反響がありまして

金継に興味あるかたが
とても多いと認識いたしました。

c0221584_17273129.jpg

最近では東急ハンズなどで
金継セットも
お手軽にできるように
なってまいりました。

ただ
純金は高いし
本漆は
ナカナカ取り扱いが難しい。
c0221584_243889.jpg

基本的な金継の考え方は
つないだ器の傷を
漆でコーティングして
金をまく
てな単純なもんですが

じゃあ
簡単かと言えば

漆の作業後の
長期間保湿しながら乾燥する事も難しいし
なんてったって
かぶれるし。
あんまり気軽には出来ません。

という事で

陶芸教室内では
新漆(代用漆:カシュー塗料)と
エポキシボンドを使った
なんちゃって金継を
オススメしてます。

本物の漆みたいな
かぶれる危険も
少ないですし。
(全くない訳ではありません)

という事で

カンタンに作業工程を
かきだしてみました。


①まず割れた器のチェック

このチェックによって
これからの作業行程を考えます。

どのように割れたのか?
破片は揃ってるのか?
どの部分か?
食べ物をいれる時食べ物に接するのか?
口に接する部分か?


割れただけなら
水に強いエポキシボンドで
綺麗に接着し
もし破片が無いなら
エポキシボンドを
パテとして
キズを埋め補います。

そして
割れた部分が食べ物、口に接する場合は純金粉をつかいます。
でないなら
真鍮でもかまいません。
他の色が良いなら
シルバー、
黒、
色々とあるようです。


この材料を使おうかなあ・・・
てな具合に
色々と決まってきます。


c0221584_2434131.jpg

②割れた部分の
汚れ、水気をよく取り
エポキシボンド(水ボンド)で接着

飛び出す部分の無いように
濡らした指で平にならします。

さらに
へらなどで余分なボンドをよく取り
一日目は終了です。
c0221584_243594.jpg


③丸一日乾燥させ
完全にボンドが硬化したのを
確認し
はみ出した余分部分は
目の細かいサンドペーパーで
陶器の肌にキズをつけないように
平に仕上げます。

指先で触ってみて
補修部が分からない位が理想です。


④ボンドのついた補修部分にだけ
漆を乗せていきます。
c0221584_2444314.jpg

教室では
新漆に
うすめ液を少し足し
粘り気を少し減らし
そんで
面相のめちゃくちゃ細い筆かありましたら良いのですが
無い場合は
百均の細筆を
はさみなどで斜めに細くカットして
その細い毛先を
つかったりしてます。
c0221584_2442957.jpg

虫眼鏡を覗きながら
慎重に
ボンド部分にだけ!
陶器の部分にはみ出さないように?
これがしんどい!

正確に細くできればめちゃくちゃカッコ良くできます。
はみ出るとカッコ良くなりません。

これは
気合いが勝負!


⑤少し漆が硬化するまで待ち
金粉を
補修部分に落とすように蒔きます。
ほんの少しで大丈夫!

⑥さらに
その金粉を柔らかい筆や
耳かきのうしろのポンポンなどで
綺麗に広げ
さらに柔らかい布などで抑えるように軽く磨きます。
c0221584_2452053.jpg


⑦最後に
余分な金粉を
筆、歯ブラシなどで落とし完成!
c0221584_2454243.jpg

細かく丁寧にやる程
仕上がり良くできちゃいます。


やっぱり
真鍮などの代用金と
純金は
やっぱり見た目の
金色の上品さは歴然です。

できれば純金を使いたいですね。
体に影響も心配ないですしね。

それと
あらかじめ新漆に金粉を混ぜて
金色の漆として使用する方もおられます。

漆を塗った段階で色が付き
表面の金がはがれても
影響が少なくなります。


だいたい初めての方でも
小さな補修なら
一日目20~30分
二日目1時間程度あれば
できるんでないかとおもいます。
・・・たぶん


まあ長々と書いて
参りましたが
c0221584_1583912.jpg

そんな感じで
完成でございます。

金継は
温度にも弱いし
真鍮は口に入る部分には使えないし
もちろんレンジは厳禁です。


ですが
綺麗に直せたうつわは
ただの修理ではなく
さらに「うつわ」の
価値を上げると思います。



今回
金継で使用したものは全て
東急ハンズ
ホームセンターで購入いたしました。
新漆は釣り具店でも購入できるようです。
かかった金額も2~3千円ほど

本物の漆など入った
東急ハンズの
金継セットでも5~8千円ほどです。

できれば最初は
どなたか経験者の作業を
見られれば間違いありませんが

結局
あとはやってみるだけ!
みなさん
是非是非チャレンジして下さい。




ただいま募集中
NHK文化センター札幌教室の陶芸教室です。

陶芸夜間講座 
「よるからの陶芸」

 内容: 仕事終わりに陶芸をしませんか?ゆっくり陶芸を学び
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。
 開講日: (三ヶ月6回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 時間: 18:30~20:30
 受講料: 11,970円 (NHK文化センター会員10,080円)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。


〇毎週開講の陶芸講座
楽しい陶芸
 内容; 手びねり・板作りといった基本的な技法を学んで
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。 
・金曜日コース 13:00~16:00(全12回予)  
・土曜日コース 10:00~13:00(全12回予)
 受講料: 20,160円程度
(三ヶ月12回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。

途中からの受講も大歓迎!
思い立ったらすぐご参加ください!

〇夜間隔週講座
「よるからの陶芸」
内容; 手びねり・板作りといった基本的な技法を学んで
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。 

だいたい隔週金曜日 18:30~20:30(全6回予)
4-6月期開講予定日
  04/05(金)・04/19(金)・05/10(金)・05/24(金)・06/07(金)・06/21(金)
 受講料: 11,970円 (会員10,080円)
(三ヶ月六回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。

そのほか色々短期講座を御用意しております。
NHK文化センター 札幌教室
札幌市中央区大通西4丁目道銀ビル12階 (地下鉄大通駅直結)
        ℡011-222-5011
〈受付時間〉 月~金曜 10:00 ~ 19:30
       土曜   10:00 ~ 17:00
お申し込みは「NHK文化センター 札幌教室」のHP、またはお電話にて受付しております。
よろしくお願いします。


「札幌の大通4丁目の陶芸の教室のぶろぐ」
その陶芸教室のブログです。
教室の情報、雰囲気などを
教室講師、スタッフが書き込んだりしてます。
ぜひぜひのぞいて見てください。



tomonakazimaをフォローしましょう いろいろつぶやき中

facebookにも参加中

人気ブログランキング‥‥さんか中
にほんブログむら‥‥コチラも
陶人社サイコー
[PR]
by tomon75 | 2013-06-17 18:21 | 仕事 | Comments(2)
Commented by まりこ at 2014-07-22 18:30 x
とても参考になりました!
ありがとうございますm(_ _*)m
Commented by tomon75 at 2014-08-05 16:00
それは良かった。そう言って貰えますとこちらもとても嬉しいです。
<< いつもとちがうこと いまさら陶芸教室のブログ作りました。 >>