ブログトップ

なんかしなきゃ! 陶器 中島知之blog   

tomon75.exblog.jp

いつもとちがうこと

誕生日からいく日が過ぎ
やっと
38という現実を
受け入れ始めた今日この頃

皆さん
どうお過ごしでしょうか?

やっと
暖かくなってきた最近も
やっぱり
制作、制作の毎日です。

モチロン
うつわを中心に
作っておりますが
c0221584_0142247.jpg

こんな
陶器の小さな笛も
こっそり
作っております。

石コロみたいな笛
という事で
「石笛」
と名付けました。

ただ石コロでは
面白く無いので
ネックレスやら
ストラップにして

身に付けても
良いんでないかと思いまして。

んで

さらに
ヒモを付けるだけでは
つまらないので
c0221584_0163668.jpg

革紐にして
さらに
結び方も工夫してみました。

まあ
そこら辺は
作家仲間に
相談したりして
あまり難しい結び方でなく
見た目が面白くなる
方法を教わったりしました。

いやあ
結び目で
印象が変わるもんですなあ。

ちなみに
この結び目は
「つゆ結び」といいます。
c0221584_020091.jpg

一度覚えてしまえば
カンタンで
目をつぶっても
できるようになります。


今回
久しぶりにやってみたら
思い出すのに
何時間もかかってしまいましたが

まあ
かんたんです。


普段と
全く違う作業も
たまには
良いもんです。


この石笛は
今後も展示会などで
皆さんにお見せする機会が
あると思います。

ちなみに
陶遊」さん
コウゼ」さんにて
只今絶賛
お取り扱いして頂いております。

のでので!
是非是非
お手にしてみてください!

ナカナカ
良い音がなりますよ〜



ただいま募集中
NHK文化センター札幌教室の陶芸教室です。

陶芸夜間講座 
「よるからの陶芸」

 内容: 仕事終わりに陶芸をしませんか?ゆっくり陶芸を学び
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。
 開講日: (三ヶ月6回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 時間: 18:30~20:30
 受講料: 11,970円 (NHK文化センター会員10,080円)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。


〇毎週開講の陶芸講座
楽しい陶芸
 内容; 手びねり・板作りといった基本的な技法を学んで
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。 
・金曜日コース 13:00~16:00(全12回予)  
・土曜日コース 10:00~13:00(全12回予)
 受講料: 20,160円程度
(三ヶ月12回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。

途中からの受講も大歓迎!
思い立ったらすぐご参加ください!

〇夜間隔週講座
「よるからの陶芸」
内容; 手びねり・板作りといった基本的な技法を学んで
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。 

だいたい隔週金曜日 18:30~20:30(全6回予)
4-6月期開講予定日
  04/05(金)・04/19(金)・05/10(金)・05/24(金)・06/07(金)・06/21(金)
 受講料: 11,970円 (会員10,080円)
(三ヶ月六回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。

そのほか色々短期講座を御用意しております。
NHK文化センター 札幌教室
札幌市中央区大通西4丁目道銀ビル12階 (地下鉄大通駅直結)
        ℡011-222-5011
〈受付時間〉 月~金曜 10:00 ~ 19:30
       土曜   10:00 ~ 17:00
お申し込みは「NHK文化センター 札幌教室」のHP、またはお電話にて受付しております。
よろしくお願いします。


「札幌の大通4丁目の陶芸の教室のぶろぐ」
その陶芸教室のブログです。
教室の情報、雰囲気などを
教室講師、スタッフが書き込んだりしてます。
ぜひぜひのぞいて見てください。



tomonakazimaをフォローしましょう いろいろつぶやき中

facebookにも参加中

人気ブログランキング‥‥さんか中
にほんブログむら‥‥コチラも
陶人社サイコー
[PR]
by tomon75 | 2013-07-02 11:06 | 仕事 | Comments(0)
<< 毎日の制作 金継の作業  >>