「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

なんかしなきゃ! 陶器 中島知之blog   

tomon75.exblog.jp

11月の展示会のお知らせ

寒くなると
水仕事がおっくうになり
だらだらと
作業が長引いてしまう今日この頃
どうお過ごしでしょうか?

紀伊國屋書店での
展示会のあと
体調を崩したり
ウダウダしたりで
あっという間にひと月です。
c0221584_2253070.jpg

いやあ
このまま
今年が終わるのかなあ

なんて
思ってしまいそうでしたが

やりますよ〜
まだまだやりますよ!

そうです!

今年最後の展示会!
来月の11/19(火)から24(日)

本郷通り商店街にある
帽子と雑貨の「Dons」さんの
お店の一部をお借りしまして
展示会をさせていただきます。

Donsさんは
帽子と鞄と雑貨のお店でございます。
c0221584_225516.jpg

まだまだ
どんな展示になるか
わかりませんが
今後このブログで
展示会情報を載せていきますので
どうぞよろしくお願いします。



〇 中島知之のうつわ展

会期:11月19日(火)~11月24日(日)
時間:10:00~18:00
会場:帽子と雑貨 販売・修理
Dons/ドンズ

札幌市白石区本郷通9丁目北4-23
(地下鉄東西線 南郷7丁目駅より徒歩5分)




ただいま募集中
NHK文化センター札幌教室の陶芸教室です。

陶芸夜間講座 
「よるからの陶芸」

 内容: 仕事終わりに陶芸をしませんか?ゆっくり陶芸を学び
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。
 開講日: (三ヶ月6回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 時間: 18:30~20:30
 受講料: 11,970円 (NHK文化センター会員10,080円)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。


〇毎週開講の陶芸講座
楽しい陶芸
 内容; 手びねり・板作りといった基本的な技法を学んで
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。 
・金曜日コース 13:00~16:00(全12回予)  
・土曜日コース 10:00~13:00(全12回予)
 受講料: 20,160円程度
(三ヶ月12回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。

途中からの受講も大歓迎!
思い立ったらすぐご参加ください!

〇夜間隔週講座
「よるからの陶芸」
内容; 手びねり・板作りといった基本的な技法を学んで
    それぞれの人に合わせた作品づくりをしていきます。 

だいたい隔週金曜日 18:30~20:30(全6回予)
4-6月期開講予定日
  04/05(金)・04/19(金)・05/10(金)・05/24(金)・06/07(金)・06/21(金)
 受講料: 11,970円 (会員10,080円)
(三ヶ月六回で更新 1-3月期・4-6月期・7-9月期・10-12月期 途中から参加の場合は残り開講日数により受講料がかわります。)
 別途陶芸用小道具(1,800円程度)、材料〈粘土1キロにつき1,700円〉などがかかります。

そのほか色々短期講座を御用意しております。
NHK文化センター 札幌教室
札幌市中央区大通西4丁目道銀ビル12階 (地下鉄大通駅直結)
        ℡011-222-5011
〈受付時間〉 月~金曜 10:00 ~ 19:30
       土曜   10:00 ~ 17:00
お申し込みは「NHK文化センター 札幌教室」のHP、またはお電話にて受付しております。
よろしくお願いします。


「札幌の大通4丁目の陶芸の教室のぶろぐ」
その陶芸教室のブログです。
教室の情報、雰囲気などを
教室講師、スタッフが書き込んだりしてます。
ぜひぜひのぞいて見てください。



tomonakazimaをフォローしましょう いろいろつぶやき中

facebookにも参加中

人気ブログランキング‥‥さんか中
にほんブログむら‥‥コチラも
陶人社サイコー
[PR]
by tomon75 | 2013-10-24 19:19 | 仕事 | Comments(1)
Commented by 佐々木 at 2013-11-04 11:48 x
はい、ありがとうございます。陶遊という店もチェックしました。ちょうど通っていた高校のあたりにある店です。むかし、近所の中央図書館で備前焼の図鑑とかを見たりしてました。私も三十代男性です。おこがましいはなしですが、あなたの目指されている作風は、わたしの琴線に触れるものとセンスが近いのか、土の自然さと現代的に先鋭化された意匠のバランスが絶妙な気がします。感動したので挨拶だけしようと思いました。札幌は根津美術館も国立博物館もない文化的な貧困地帯ですが、あなたのような作家が御在住なのは個人的に心強く感じます。まずはアシンメトリックな立方体の一輪挿しを贈答用として購入しようかなとかんがえました。
<< ギリギリです。 「陶遊」さんと「セレナナチュラ... >>